FC2ブログ
つくし農園 のススメ
つくば+自然農+農園 = つくし農園 のできあがり
秋の収穫祭vol.1
遅くなりました!10月集合日、1日目のご報告です!

朝から気持ちよく晴れ上がり、絶好の稲刈り日和となりまして、4組のプレーヤーの方々と稲刈り第一弾をスタートさせました。まずは雑草屋の黒米エリアでの稲刈り実習。

注意点を少し列挙しておきます(自分の為にもね)。

・稲穂の穂軸が、先から3分の2程度枯れ色になったら刈り時。
・来年の種籾用に良い株を選んで残すこと。
・干す際に地面につかないように長さを考えて鎌を入れること。
・刈った後、稲穂に泥(土)がつかないように置くこと。
・片手でつかめる位の束を3束一組くらいでまとめておくこと。


当日のつくし農園の田んぼを見渡してみると、刈り時ズバリというのは黒米、赤米、香り米の長幹種の稲。他のイセヒカリ、モチ米などは、もう少し待っても良いかという状態です。これから12月初旬にかけて、毎週刈り時の種類が推移していきます。

刈り終えた後は、束を紐で縛り、稲架(はざ)にかけます。本来束を縛るのは前年の稲藁でやりたいところですが、今年は雑草屋が保管方法を失敗して腐らせてしまったためジュート紐で代用しました(これも自然に還ります)。稲架はお隣さんの設置済みのものをお借りできることになりました。ラッキー♪ 来年は、この冬に竹を切り出すところから準備して自分たちで稲架を組みますよー。それも楽しみですよね。

稲木干し


お昼を食べて、午後は畑での実習。とはいっても皆さん秋蒔きの感覚はすでに覚えておられるようで、特に皆でする実習はなく、専ら「秋の収穫」を楽しむことになりました。「やっと」、という言葉がぴったりと思われるほど、つくし農園の畑に、念願の豊作の便りが聞こえてきました。特に、雑草屋畑のサツマイモはびっくりサイズに成長しており、掘り出した瞬間に歓声があがることになりました。他にも、namikiさん担当の落花生、minaさんのキュウリ、yamaさんのナスタチウム、そしてそしてryoくんが日暮れまでかかって掘り起こした1mのゴボウ!などなど。

061028beniazuma 061028imo1
手の長さと比べて・・・   顔とも比べてみる!

061029peanuts
落花生の収穫♪


夜は、近くの宿泊所(恒例になってきましたね)に移動して、早速の収穫祭へ突入。蒸かす、茹でる、炒める、などの超シンプル調理こそ、自然農野菜を楽しむ最大のポイント!採れたての、味の濃さを、存分に味わうには、これに勝るものはないのです♪ もちろん、酒量のピッチは最初から全開。ビールに焼酎、はたまyamaさん持参の電気ブラン(オールド!)が、泡のように消えてゆきます。ご友人や新メンバーもご来訪されて、自然農や自然食の話題に花が咲き、深夜まで盛り上がる夜となりました。

061028yude-P 料理etc
左:茹で落花生♪ 
右:左上から時計回りに、ゴボウのきんぴら、キュウリの豆板醤炒め、ズッキーニの炒め物(ナスタチウム添え)、生ハバネロ!!


kanaさん、「つくし」の差し入れ、ありがとうございます!農園のシンボル焼酎として、雑草屋はさっそくネットで購入を検討してしまっています♪
最後に、宴もたけなわの様子を記念写真風に一枚。

061028shuukakusai


M本さんのハバネロ、めっちゃめちゃ辛かったなぁ・・・。

スポンサーサイト



【2006/10/28 23:50】 | 農園風景(06年度) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<秋の収穫祭vol.2 | ホーム | つくし写真館>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tsukuba100style.blog40.fc2.com/tb.php/44-2fd0dc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホームへ戻る |
最近の記事

プロフィール

1004zassouya

管理人:雑草屋 ←メールはこちら

 筑波大学出身の「自然農」人。
 大学時代のつくばの心地よさが
 忘れることができず、ついに
 つくばエリアでの自然農生活
 を決意しました。


 「毎日が自然農」でBlog展開中。